Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

Huglobe!(はぐろぶ) | July 23, 2017

Scroll to top

Top

世界に一つの個性ある真珠を“里親”に届ける「COCOPEARL」

cocopearl_1
 
生産量日本一の真珠の生産地、愛媛県宇和島市。
ここで取れる真珠の「里親」として、1年間かけて生産者と一緒に育てた一粒が手元に届き、世界で一つだけのジュエリーに加工することができる、「COCOPEARL(ココパール)」という事業をたった1人で運営する女性がいます。
 
それは、株式会社ココシマ(東京都新宿区)代表の津田和泉さん。「真珠がすべて個性的な存在であるように、誰もが個性的な存在として輝けるように」という想いから、売り上げの一部をNPO法人自殺対策支援センターライフリンクの「生きるための支援」に寄付し続けています。
 
約10年前は、NPOの資金調達やマネジメント支援を仕事にしていたという津田さんが、真珠の里親事業を始めた経緯についてお聞きしました。
 
「街の力」を強めたい
 
「経済同友会で、政策調査を担当した2003年から、NPOの資金調達とマネジメント支援をずっと仕事にしていました。
退職後は、難病児や障がい児支援のNPOで資金調達いわば営業マンをいくつも掛け持ちして、実務について学びました。
 
そうしているうちに、自分が関わってきたNPOが存在する“街の力”も強くしたい、そうでなくては、そのNPOが本当に継続することが難しいと感じるようになりました。街の力を強めるには、その街にある魅力を再発見して、新たなファンを増やし市場をつくることが必要だと考え始めたのです。
 
『せっかくなら、子どものころから大好きだった海に関することで何かやりたい。家族旅行で海に行ったときにアワビから出てきた綺麗な石を、もう一度見たい』。偶然、そのとき支援していたNPOが真珠養殖量日本一の愛媛県だったので、養殖地に何度も通い、真珠を育ててくれる生産者と知り合えたときには、2年が経っていました」
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
真珠も人も、さまざまな個性を持っている
 
「真珠は、本来“白くて丸い”ものではなく、色や形に個性をもって生まれます。漂白や染色していないブルーグレーやクリーム色の丸くない真珠たちが、障がいや難病と闘う子どもたちの虹色の個性に重なりました。そして私自身にも。人は本来、個性的で違う姿かたちをしているんだと。
 
そのことに思い至ったとき、『自分だけの真珠を1年かけて生産者と一緒に育てて、その一粒をフルオーダーでジュエリー加工できたらどんなに素敵だろう?』と現在の事業のアイディアが思い浮かびました。OL時代にお給料をためて少しずつ買ったジュエリーのネットショップが、ちょうど銀座にサロンを構えたことを知り、私はこの企画を持ち込みました。こうして、ひとつずつ形の違う真珠を一人ひとりの個性に合わせたジュリーに加工でき、売り上げの一部をライフリンクに寄付するココパールの仕組みができました」
 
世界に一つの真珠が育つまで
 
COCOPEARLでは、真珠の里親を通年募集していて、毎年1月に真珠をお届けしています。
里親の皆さんに代わって養殖に協力してくださるのは、有限会社 土居真珠。真珠の核を入れる母貝(アコヤ貝で、稚貝から育てて3年~4年たったもの)に4月から核を入れて、12月から1月にかけ真珠を取り出します。この1年弱の間、毎日貝のお世話が必要です。
 
核入れをした直後の母貝は、手術の後で弱っているため、波の穏やかな場所で養生させます。6月頃になると、水温に合わせて沖の方へ移動させたり、貝の外側に付着するフジツボや藻を毎日丁寧に取り除きます。少しでも残っていると、綺麗な真珠が取れなくなってしまうのです。
 
赤潮が発生したり、台風の多い夏から秋は、貝を守ることがとても難しい季節。生産者は日々、海と会話しながら貝たちを守ります。
秋を過ぎて水温が下がると、貝の致死率が上がります。でも、貝にとってはつらいこの低温の水が、真珠に「化粧巻き」というきめ細かい美しい真珠層を作り出します。
こうして約1年かけて育てられた一粒の真珠が、12月から1月にかけてようやく取り出されるというわけです。
 
cocopearl_3
 
なお、里親として申し込むと、核入れ(6月or7月)・浜揚げ(12月or1月)のオプション体験ツアー(有料)に参加することができます。
取り出された真珠を、何も加工していない「無穴」の状態で受け取ることも、ココシマが提携しているベーネ銀座サロンにジュエリー加工を注文することもでき(別途料金)、ココシマが納品までサポートします。
 
cocopearl_4

▲実際の加工例(ピアス)

 
あなたも宇和島真珠の里親になりませんか?
 
COCOPEARLの里親は、通年で募集しています。
津田さんは、「真珠を育てるのもプロ、ジュエリー加工するのもプロ。COCOPEARLは、世界で一つだけの真珠のジュエリーを手にできる唯一のブランドです。自分自身に、大切な誰かのために、真珠の国からの贈り物COCOPEARLを一粒、いかがでしょうか。」とメッセージを寄せてくださいました。
 
ココシマ、そしてココパールの真珠里親事業について詳しくは下記リンク先をご覧ください。
 
[cocoshima ココシマ | the Island of CO]
[ココパール - 育てる真珠COCOPEARL ~真珠の国からの贈り物~]
 


Mio
  • On 2014/06/16