Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

Huglobe!(はぐろぶ) | November 19, 2017

Scroll to top

Top

日本のNBメーカー初!森永製菓から国際フェアトレード認証チョコが発売

都内のナチュラルローソンにて、発見&購入しました♥
 
今月14日、森永製菓から発売された
「森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>」
 
morinaga-choco
 
本商品は、日本のナショナルブランド(NB)メーカーから発売されるものとしては初めてとなる、国際フェアトレード認証(※)を得たチョコレート。
(※日本における認証機関:特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン
 
特定非営利活動法人ACE(エース)が支援活動を行う、ガーナの特定地区で採れたカカオを使用しています。
 
森永製菓は2008年、創業110周年を記念したCSR活動として、売上連動型プロモーション 「1チョコfor1スマイルキャンペーン」を開始。
 
対象商品1つにつき1円を売上から寄付し、国際協力NGOの協力を得て、カカオ生産国における子どもたちの教育支援やカカオ農家の自立支援の活動を行ってきました(寄付総額1億3千万円弱)。
 
ACEは2011年よりキャンペーンの支援対象団体となり、同社からの寄付を通じて、ガーナのカカオ生産地で子どもたちを危険で有害な児童労働から守り、カカオ農家の収入向上などに取り組んできました。
 
2013年1月に支援地区のカカオを使用したチョコレートが期間限定で販売され、さらに取り組みを発展させた結果、今回の国際フェアトレード認証付き商品が発売される運びとなりました。
 
【参考記事】森永製菓から、これまでとは“ひと味”違うチョコが発売! | Huglobe!(はぐろぶ)
 
フェアトレードは、児童労働の問題を根本から解決する有効な手段のひとつ。まだまだ日本では普及していないフェアトレード商品が、全国規模で展開するブランドメーカーから発売されるということに大きな意味があると言えます。
 
しかし、売れないことにはビジネスとして成り立ちません。『児童労働をなくしたい!』という思いを持つ消費者が『フェアトレード商品を選択し、購入する』という行動を取ることで、児童労働を生み出さないビジネスが「当たり前」の世の中になっていけるのです。
 
「森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>」のパッケージには、ACEが支援したカカオ農家の写真が使われていて、カラフル♪♪
フェアトレード認識ラベルも、ばっちり付いています!
 
あなたが良く行くお店にも売っていないかどうか、探してみてはいかがでしょうか?(*^^*)
 
[国際フェアトレード認証チョコレートが森永製菓から新発売~日本のナショナルブランドでは初!~ | 世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)]


Mio
  • On 2014/01/16