Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

Huglobe!(はぐろぶ) | November 19, 2017

Scroll to top

Top

【編集長コラム】純粋な想いと、愛と、覚悟。

18889-New-Year-funny-resolution-2014-wallpaper-resized-600

photo via memberclicks

 
Huglobe!読者の皆さま、明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。
 
2012年にFacebookページとしてスタートしたHuglobe!ですが、
2013年には、公式のウェブサイトをローンチすることができ、より多くの方に読んでいただけるようになりました。
いつもご愛読くださりありがとうございます!
 
最初は、人脈ゼロの手探り状態で始まったウェブマガジン。
「ただ“社会のためになる”というマジメな感じじゃなく、“かわいい!面白そう!”と思えて、読んでくださる人の考え方や行動に少しでもポジティブな変化をもたらせるような情報を届けたい」
という想いを持って取材を続けること、1年。
少しずつ取材依頼のお問い合わせが増え、シブヤ大学や各種イベントでの講演依頼もいただくようになり、私自身、Huglobe!から多くのご縁が広がりました。
 
小さいながらもひとつのメディアを運営している身として感じたことの一つは、「~しなければいけない」という使命感よりも「~したい」という純粋な欲求を持っていた方が、自分のモチベーションが保たれるし、結果として良いものが生み出せるということ。
 
Huglobe!では、私自身が「素敵!」と心動かされた情報だけを記事にする、と決めています。本当は選り好みするべきではないのかもしれませんが(笑)、あまりワクワクしていない状態で書く文章は、陳腐な表現が並びがちで、生き生きとしていないのが自分でも分かるからです。
 
これは、取材をさせていただいている様々な企業やブランドの経営者、プロジェクト実行者の方々にも共通しているような気がします。もちろん、「社会のために何とかしたい」という気持ちもあるかもしれませんが、それ以上に自分が事業を行っている国に惚れ込んでいたり、地元の伝統文化を愛していたり。だからこそ “ブレない”のだと思います。
 
もうひとつ、取材を通じて感じることが多かったのは、何か成し遂げたい信念があるのであれば、誰に後ろ指をさされようとも、雑音が気にならないぐらい遠くまで走り抜ける覚悟が必要だということ。
 
Huglobe!でご紹介しているエシカルブランドやプロジェクトは、どれも最初から軌道に乗っているわけではありません。「今ある問題を解決したい」「既存の仕組みを良くしたい」という想いはあっても、なかなかすぐには成果に結びつかなかったり、経済的に苦しい時期が続いたり。それでも諦めずに、信念を持ち続けて、その姿や事業の魅力が少しずつ共感を呼び、応援してくれる人が増えていく。結果的にサクセスストーリーに聞こえるかもしれないけれど、実はそこまでの過程には泥臭いドラマがあって。
 
お話を聞きながら、「うわー、私だったら絶対めげてる・・・」と思ってしまうこともしばしば。それでも、熱い気持ちと、忍耐力を持ち、時に仲間に支えられながら一生懸命事業に取り組む方々に、取材を通してたくさん出会ってきました。
 
そんな出会いがあるたびに、この人たちの志と、事業や商品の魅力を文章にして伝えたい!そんな気持ちがむくむくと湧いてくるのです。
 
そんなわけで今年も、読者の皆さまの心が温かくなるような記事をお届けできたらいいなぁと思っています。
そんなにハイペースに更新はできませんが、ゆったりとお付き合いいただけますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します!
 
Mio.


Mio
  • On 2014/01/02