Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

Huglobe!(はぐろぶ) | January 22, 2018

Scroll to top

Top

即日完売!東北発の手編みプロジェクト「EAST LOOP」あったかスヌード♥

EASTLOO_main
2011年3月11日に起こった東日本大震災のあと、「被災地の方々に少しでも元気になってほしい、次につながる一歩を踏み出すきっかけにしてほしい」と株式会社福市(以下、「(株)福市」)が立ち上げた「EAST LOOPプロジェクト」を知っていますか?
被災地で誰でも参加できる手仕事を創り、そこで作られた商品を日本、全世界の人たちに届け、商品代金の50%を生産者グループに直接届けるプロジェクトです。

ハートブローチやニットシュシュなどの人気商品に続き、昨日発売となったのが、これからの季節に大活躍のスヌード!一つひとつ手作りなので少しずつ販売されるということですが、第一弾としてオンラインショップに出された商品は発売当日に完売という好評ぶり。

Huglobe!では、プロジェクトを担当する福市のスタッフさんにEAST LOOPの“今”と“これから”について取材しました。

EAST LOOPの作り手は地域も年齢層もさまざま

「震災当時は、何かしないと辛い記憶ばかりが蘇ってしまうので、編むことや手を動かすことで無心になれるという方が多かったです。活動を続けるうちに、『どんな方が購入してれるのかな』と思いを馳せながら商品を編んだり、購入者さんからのメッセージに励まされたりと、少しずつですが元気を取り戻すメンバーも増えてきました。また、仮設住宅で暮らしていて周りが知らない人ばかりだったのが、EAST LOOPをきっかけに縁ができたりとコミュニティの形成にも役立っています」((株)福市スタッフ)

EASTLOOP_heart

EAST LOOP ハートブローチ

一番多い時期で約200名いた作り手さんも、元の仕事が再開したことを機にEAST LOOPを卒業される方もいて、現在は100名前後が登録されています。
約100名のメンバーのうち、中心的に製作に携わっている方は50名ほど。住んでいる地域は岩手県の陸前高田・大槌・大船渡・宮古、宮城県の気仙沼、年代は30~70代とさまざまで、編み物のベテランさんから初心者の方まで幅広く、基本的には副業として活動されているとのことです。

商品代金の50%が生産者グループの収入に

現在、EAST LOOPの全アイテムにおいて商品代金の50%が生産者グループの収入になります。これまでの活動で約2700万円を生産者グループに届けることができました。

「震災前の仕事が再開してプロジェクトを卒業するメンバーもいる一方で、まだ困難な生活状況におかれている方も多いのが被災地の現状。EAST LOOPでの収入が家計の足しになっていると話すメンバーもいて、最近になって新たに参加される方もいらっしゃいます」((株)福市スタッフ)

EASTLOOP_chouchou

EAST LOOP ニットシュシュ

新商品のスヌードは発売当日に完売!

今回、新たにEAST LOOPから発売された数量限定のスヌードも、もちろん全て被災地に住むメンバーによる手編み。この商品で統一されているのはサイズのみで、それ以外はモチーフの大きさも、デザインも、毛糸の色合いも作り手一人ひとりのオリジナルなのだとか。色合いもバラエティ豊かなので、選ぶ楽しみもありますね♪

EASTLOOP_image

EAST LOOP 新作スヌード

また、スヌードに使われている毛糸は、EAST LOOPのFacebookページで募集し、このプロジェクトを応援する全国の方々から送られてきた毛糸がふんだんに使われているということで、温かさや親しみも一層高まるアイテムです。

あまりの人気ぶりに、発売早々売り切れとなってしまいましたが(※)、編みあがり次第随時販売されるということで、次の入荷予定日は2013年11月18日(月)。絶対手に入れたい!という方は、オンラインショップを要チェックです☆

※(株)福市が運営するフェアトレードのセレクトショップ「LOVE&SENSE」阪急うめだ本店では取り扱っています。

“被災地グッズ”から“東北発の人気ブランド”へ

最後に、EAST LOOPの今後の展望をお聞きしました。

「活動開始から2年を超えて、EAST LOOPは次のステージへステップアップを進めています。まずは、このプロジェクトを現地に根付かせ、現地のコミュニティビジネスとして発展させること、そして被災地の「支援」から「自立」に向けた取り組みへと移行していくことを目指します。
また、これまで(株)福市が担ってきた役割の多くを、現地パートナーのNPO法人「遠野山・里・暮らしネットワーク」に移管し、当ネットワークを中心に作り手さんたちが集う「生産者グループ」自身がこの活動を運営し、継続的な収入を生み出すことで経済的に自立することが次の目標です。
ゆくゆくは、“EASTLOOP”が被災地グッズではなく、東北発の素敵なブランドとして新たな一歩を踏み出してほしいと考えています」((株)福市スタッフ)

EASTLOOP_flower

EAST LOOP 花ブローチ

すでに多くのファンから愛されているEAST LOOPのこれからが楽しみですね!
公式ウェブサイトやFacebookページも随時更新されていますので、ぜひチェックしてみてください。

[EAST LOOP ウェブサイト]
[EAST LOOP オンラインショップ]
[EAST LOOP Facebookページ]


Mio
  • On 2013/11/13