Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

Huglobe!(はぐろぶ) | June 19, 2018

Scroll to top

Top

「持続可能性(サステナビリティ)」がコンセプトのロンドンオリンピック開幕!

ついに!ロンドンオリンピックが開幕しますね♪

今回のオリンピック&パラリンピックでは、「持続可能性(サステナビリティ)」がコンセプトとして掲げられていて、その取り組みのひとつとして約40ヶ所にあるすべての開催地域でフェアトレード認証の食品などが提供されることになっています!
日本の報道では、あまり取り上げられていませんが・・・。

【参考】The Fairtrade Foundation | Fairtrade – Fair Play For Fairtrade Farmers at the London 2012 Olympic Games

たとえば、ウィンドワード諸島・ラテンアメリカ産のバナナ1000万本、フェアトレード認証マークのついたコーヒー1400万カップ、ベリーズ産の砂糖1000万袋・・・などなど。
さすが、世界最大のフェアトレードシティとして知られるロンドン!

london-fairtrade
南アフリカ&ブラジルのフェアトレードワイン。
フェアトレード認証マークがついていますね。リサイクル可能なペットボトルに入っているそうです。
参照:http://www.decanter.com/news/wine-news/530090/olympic-wines-will-be-fairtrade

フェアトレードって?

フェアトレード(fair trade)とは、途上国の原料や製品を、生産者から適正な価格で継続的に購入することを通じて、現地の方々の自立と生活改善を目指す「公正な貿易」のこと。チャリティーによる支援とは異なり、世界の不公平を引き起こす仕組みそのものを立て直す取り組みです。
(日本でも安価で手に入る輸入品の背景には、途上国における労働力の搾取や、生産性を上げた結果として環境破壊などが起こっているかもしれないのです・・・)

>>フェアトレードミニ講座 : フェアトレード・ラベル・ジャパン / Fairtrade Label Japan

オリンピックという世界最大規模の祭典で注目されることで、「フェアトレード商品を買う」という選択肢が身近なものになったらいいなぁ。


Mio
  • On 2012/07/26